新党参加せず 前首相&元代表が地域政党に逃げ込む断末魔

公開日: 更新日:

■大物のプライドが邪魔に

「旧民主党を壊したA級戦犯が野田さんや岡田さんら党首経験者ですから、今さら誰も付いていきませんよ。昨年の総選挙後、民進党に所属しながら衆院では『無所属の会』という別会派で活動する分かりにくい行動をとった。そのくせ“会派代表”という立場で岡田さんは民進党本部で定例会見をしてきた。大塚代表の軍門に下りたくないという大物のプライドが邪魔したのでしょう」(民進党関係者)

 要するに、2人とも“お山の大将”気質が抜けないのだろう。で、子分を維持するべく地域政党に逃げ込んだわけだ。

 政治ジャーナリストの角谷浩一氏もこう言う。

「首相や党首までやった人がペコペコできない。しかし、このまま野党がバラバラではいけない。そんな複雑な気持ちは理解しますが、だからといって、三重や千葉をまとめるという話ではないでしょう。過去の肩書が忘れられないのなら、いっそ議員を引退したらどうか。むしろその方が野党再編が進むのではないですか」

 国民民主党同様、この2人の行く先も茨の道だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  9. 9

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

  10. 10

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

もっと見る