自民・国場議員が一転…傷害容疑で書類送検に至ったワケ

公開日: 更新日:

「事件性はないということで両成敗ということで互いに納得して終わりました」――。トラブル発覚時に発表した謝罪文は一体、何だったのか。4月29日未明に那覇市内の繁華街で男性観光客と小競り合いになり、顔面打撲のほか右足首を骨折する重傷を負った自民党沖縄県連会長の国場幸之助衆院議員(45)。沖縄県警那覇署は国場氏と男性の2人を、傷害容疑で書類送検する方針――と地元の琉球新報が報じた。

 国場氏の地元後援会は、本紙の取材にも「警察は事件性がないと判断した」と強調していたが、ところがどっこい。那覇署は事件化する必要あり、と判断したらしい。一体、何が理由だったのか。

「事件の舞台になったのは、『スタッフは全員女性』『現役大学生が中心』というのがウリの那覇中学校に近いガールズバー。国場議員はその女性経営者を店外に連れ出してトラブルになり、仲裁に入った男性とモメたようです。事件性ナシ? とんでもない。口ゲンカならともかく、骨折するほどの取っ組み合いですよ。県警は、事件化しなければ、国会議員に手心を加えたのではないかと県民に受け取られてしまう、と判断したのでしょう」(沖縄県政担当記者)

 国場氏は4月28日に県連会長に就任したばかり。酔っぱらって気が大きくなり、コトが起きたのだろう。まっ、いずれにしても、早々に会長交代に追い込まれるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る