自民・国場議員が一転…傷害容疑で書類送検に至ったワケ

公開日:

「事件性はないということで両成敗ということで互いに納得して終わりました」――。トラブル発覚時に発表した謝罪文は一体、何だったのか。4月29日未明に那覇市内の繁華街で男性観光客と小競り合いになり、顔面打撲のほか右足首を骨折する重傷を負った自民党沖縄県連会長の国場幸之助衆院議員(45)。沖縄県警那覇署は国場氏と男性の2人を、傷害容疑で書類送検する方針――と地元の琉球新報が報じた。

 国場氏の地元後援会は、本紙の取材にも「警察は事件性がないと判断した」と強調していたが、ところがどっこい。那覇署は事件化する必要あり、と判断したらしい。一体、何が理由だったのか。

「事件の舞台になったのは、『スタッフは全員女性』『現役大学生が中心』というのがウリの那覇中学校に近いガールズバー。国場議員はその女性経営者を店外に連れ出してトラブルになり、仲裁に入った男性とモメたようです。事件性ナシ? とんでもない。口ゲンカならともかく、骨折するほどの取っ組み合いですよ。県警は、事件化しなければ、国会議員に手心を加えたのではないかと県民に受け取られてしまう、と判断したのでしょう」(沖縄県政担当記者)

 国場氏は4月28日に県連会長に就任したばかり。酔っぱらって気が大きくなり、コトが起きたのだろう。まっ、いずれにしても、早々に会長交代に追い込まれるのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る