メーカーズシャツ鎌倉・貞末良雄会長<2>VANがまさかの倒産

公開日:

 人気の「鎌倉シャツ」の愛称で知られる「メーカーズシャツ鎌倉」の創業者で会長の貞末良雄は、新卒で入社した和光電気を2年で辞め、アパレル業界の「VANヂャケット」に転職。配属先は花形の営業部だった。ところが、たった2日で異動を命じられてしまう。

「社内はアイビールックできめた社員が闊歩していましたけど、私の身なりは前職の技術屋そのままだったし、お辞儀の仕方も営業マンとしては頭の下げ方が足りないということで、『貞末君、この窓の向こうに倉庫が見えるだろ。あそこでしばらく修業してくれんか』と言われてしまった。倉庫番というのは当時、箸にも棒にも掛からない者が行く部署でした」

 この倉庫係を6年間つとめることになる。閑職に飛ばされたら、普通はヤル気を失うものだ。ところが、貞末は違った。「どうやって生き抜いていこうか」と、あくまで前向きだった。働いているうちに「もっと合理化できるのではないか」と思うようになったという。実際、倉庫業務は非効率だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る