メーカーズシャツ鎌倉・貞末良雄会長<2>VANがまさかの倒産

公開日: 更新日:

 人気の「鎌倉シャツ」の愛称で知られる「メーカーズシャツ鎌倉」の創業者で会長の貞末良雄は、新卒で入社した和光電気を2年で辞め、アパレル業界の「VANヂャケット」に転職。配属先は花形の営業部だった。ところが、たった2日で異動を命じられてしまう。

「社内はアイビールックできめた社員が闊歩していましたけど、私の身なりは前職の技術屋そのままだったし、お辞儀の仕方も営業マンとしては頭の下げ方が足りないということで、『貞末君、この窓の向こうに倉庫が見えるだろ。あそこでしばらく修業してくれんか』と言われてしまった。倉庫番というのは当時、箸にも棒にも掛からない者が行く部署でした」

 この倉庫係を6年間つとめることになる。閑職に飛ばされたら、普通はヤル気を失うものだ。ところが、貞末は違った。「どうやって生き抜いていこうか」と、あくまで前向きだった。働いているうちに「もっと合理化できるのではないか」と思うようになったという。実際、倉庫業務は非効率だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  4. 4

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  9. 9

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

  10. 10

    安倍首相「未来投資会議」が描く 70歳就労は“姥捨て制度”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る