メーカーズシャツ鎌倉・貞末良雄会長<2>VANがまさかの倒産

公開日: 更新日:

 人気の「鎌倉シャツ」の愛称で知られる「メーカーズシャツ鎌倉」の創業者で会長の貞末良雄は、新卒で入社した和光電気を2年で辞め、アパレル業界の「VANヂャケット」に転職。配属先は花形の営業部だった。ところが、たった2日で異動を命じられてしまう。

「社内はアイビールックできめた社員が闊歩していましたけど、私の身なりは前職の技術屋そのままだったし、お辞儀の仕方も営業マンとしては頭の下げ方が足りないということで、『貞末君、この窓の向こうに倉庫が見えるだろ。あそこでしばらく修業してくれんか』と言われてしまった。倉庫番というのは当時、箸にも棒にも掛からない者が行く部署でした」

 この倉庫係を6年間つとめることになる。閑職に飛ばされたら、普通はヤル気を失うものだ。ところが、貞末は違った。「どうやって生き抜いていこうか」と、あくまで前向きだった。働いているうちに「もっと合理化できるのではないか」と思うようになったという。実際、倉庫業務は非効率だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  7. 7

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る