• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メーカーズシャツ鎌倉・貞末良雄会長<2>VANがまさかの倒産

 人気の「鎌倉シャツ」の愛称で知られる「メーカーズシャツ鎌倉」の創業者で会長の貞末良雄は、新卒で入社した和光電気を2年で辞め、アパレル業界の「VANヂャケット」に転職。配属先は花形の営業部だった。ところが、たった2日で異動を命じられてしまう。

「社内はアイビールックできめた社員が闊歩していましたけど、私の身なりは前職の技術屋そのままだったし、お辞儀の仕方も営業マンとしては頭の下げ方が足りないということで、『貞末君、この窓の向こうに倉庫が見えるだろ。あそこでしばらく修業してくれんか』と言われてしまった。倉庫番というのは当時、箸にも棒にも掛からない者が行く部署でした」

 この倉庫係を6年間つとめることになる。閑職に飛ばされたら、普通はヤル気を失うものだ。ところが、貞末は違った。「どうやって生き抜いていこうか」と、あくまで前向きだった。働いているうちに「もっと合理化できるのではないか」と思うようになったという。実際、倉庫業務は非効率だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る