TBSも標的…暗躍する「物言う株主」大物ファンド日本上陸

公開日: 更新日:

 株主総会シーズンを目前に、「物言う株主」が暗躍し始めている。

 TBSホールディングスの株式を約1.7%保有する英ファンドのアセット・バリュー・インベスターズ(AVI)は、過去に例のない株主提案を突き付けた。

 TBSが保有する東京エレクトロン株の4割程度を、株主に還元(現物支給もしくは現金)するよう迫ったのだ。

「東京エレクトロンは半導体製造装置の会社です。TBSとビジネス上のつながりは希薄なので、保有株を処分し、株主還元を充実させるべきだという主張です」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

 日本に初上陸した大物ファンドも市場の話題をさらっている。米マイクロソフトや米シティグループへの投資実績がある米バリューアクト・キャピタルだ。先月31日に、オリンパス株の大量保有(5.04%保有)が明らかになった。保有目的は「純投資および経営陣への助言または状況に応じて重要提案行為を行うこと」となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  7. 7

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  8. 8

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る