TBSも標的…暗躍する「物言う株主」大物ファンド日本上陸

公開日:

 株主総会シーズンを目前に、「物言う株主」が暗躍し始めている。

 TBSホールディングスの株式を約1.7%保有する英ファンドのアセット・バリュー・インベスターズ(AVI)は、過去に例のない株主提案を突き付けた。

 TBSが保有する東京エレクトロン株の4割程度を、株主に還元(現物支給もしくは現金)するよう迫ったのだ。

「東京エレクトロンは半導体製造装置の会社です。TBSとビジネス上のつながりは希薄なので、保有株を処分し、株主還元を充実させるべきだという主張です」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

 日本に初上陸した大物ファンドも市場の話題をさらっている。米マイクロソフトや米シティグループへの投資実績がある米バリューアクト・キャピタルだ。先月31日に、オリンパス株の大量保有(5.04%保有)が明らかになった。保有目的は「純投資および経営陣への助言または状況に応じて重要提案行為を行うこと」となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る