2045年に起きる“シンギュラリティ”で人間の生活は激変する

公開日: 更新日:

 最近、ITの世界で「シンギュラリティー」という言葉が流行している。直訳すれば「技術的特異点」という何ともわかりにくい言葉だが、要はAI(人工知能)やドローン、仮想通貨など新しい技術が開発されることで人間の社会が大きく変わる、その分岐点を意味している。

 これまでにも蒸気機関の誕生によって産業革命が生まれ、汽車や工場が誕生して大量生産・大量物流が可能になった。こうした技術革新によって人の生活は一変したが、AIなどの進化によって、産業革命以上の変化が2045年ごろにもやってくるという。

「シンギュラリティーは、たとえば人工知能が人工知能を設計することです。こうなるともう人間には理解できないプログラムが生まれる。人間が置いてけぼりになってしまいます」

 こう語るのは、青山学院大学が4月に開設した「シンギュラリティ研究所」の基調講演のために米シアトルから来日したXevo(ジーボ)の中島聡ファウンダーだ。普段はシアトルで生活している。中島氏はマイクロソフトのウィンドウズ95やウィンドウズ98の主任設計者としてインターネット革命の中核を担った立志伝中の人物。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る