日本M&Aセンター<下>「儲けすぎ批判」も出る圧倒的利益率

公開日: 更新日:

 中小企業のM&A仲介では、売上高、利益、件数ともに圧倒的トップを走る日本M&Aセンター。売り上げの約半分が利益となり、蓄えたキャッシュ(長期預金を含む)は年間利益の約2倍半というキャッシュリッチな会社だ。

 だからだろう。日本M&Aセンターに対しては「儲けすぎ批判」も起きている。

 大手企業のM&Aの場合、売り手、買い手それぞれに証券会社などがアドバイザーとしてつき、実務を行う。成立するとアドバイザーは、それぞれの顧客から数%の成功報酬を得る。

 ところが中小企業のM&Aの場合、仲介業者1社が間に入ることが多い。M&Aが成立すると、売り手、買い手それぞれから数%の成功報酬を得ることになる。

 さらに日本M&Aセンターの場合は、売り手、買い手それぞれから、100万円単位の着手金を受け取っている。これは必ずしもM&A成立を保証するものではなく、交渉がうまくいかなかった場合、着手金だけを取られてしまうこともある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る