• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ボルトン氏が断言「北朝鮮の非核化は1年以内に可能」

「北の非核化は1年以内に可能だ」――。

 ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)が1日、米CBSニュースのインタビューに応じ、断言した。

 ボルトン氏は北朝鮮の核計画について、「米政府の専門家は、北朝鮮が核・ミサイル施設を完全に開示すれば、物理的には核計画の大半を1年以内に廃棄できる計画を作り上げた」と語り、「北朝鮮が戦略的決断をし、われわれに協力的であれば、非常に早く前進することができる」と北朝鮮の協力を促した。

 一方、ボルトン氏は、北朝鮮が過去と同様、米国との交渉を長引かせて核・ミサイル計画継続のために時間を稼ぐ危険性があることは承知していると強調。「米代表団の中には(北朝鮮が約束を守ると)夢想している者はいない」と述べた。

 NBCニュースは先月30日、米情報機関の分析として、北朝鮮がここ数カ月、複数の秘密施設で兵器用の核燃料を増産していると報道した。核爆弾の原料となるプルトニウムや高濃縮ウランを製造する北朝鮮の施設は、北西部寧辺にあるものが知られているが、これ以外に複数の秘密核燃料製造施設があると結論付けたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る