麻原彰晃は便秘で…拘置所医務部長が記した陳述書の中身

公開日:

 拘置所内での様子が明らかになった。

 6日に死刑執行となったオウム真理教元代表の麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚。20年以上におよぶ長期拘置の影響で、心神喪失状態を懸念する声が高まり、「受刑能力の有無」をめぐって議論が続いていたが、結局、真相は分からずじまい。だが、本紙は2008年1月からの麻原の健康状態や、診察・処方内容を詳しく記した東京拘置所医務部長(法務技官医師)の陳述書を入手した。

 陳述書は18年5月10日付。東京拘置所に安置されている麻原の遺体引き渡しを求める妻らが上川法相に提出した7月7日付の要求書に添付されていた。

「食事はしているのかと質問したところ、本人(麻原)は『バカにしているのか、ばかやろう』と述べた」(08年4月)、「左頬に腫れが疑われたため、診察を実施したものの、医師が口を開けるよう指示しても、本人はもみ手をしながら、『それは無理だろう』『やっぱ』などと小声でボソボソ述べて従わず」(15年4月)、「診察室にて、精神科医師による診察を実施したところ、医師が精神科の診察であることを告げると、小声で『これはつまり戦争をしかけられているんだ』などとブツブツとつぶやいていた声が大きくなる」(17年12月)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る