麻原彰晃は便秘で…拘置所医務部長が記した陳述書の中身

公開日: 更新日:

 拘置所内での様子が明らかになった。

 6日に死刑執行となったオウム真理教元代表の麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚。20年以上におよぶ長期拘置の影響で、心神喪失状態を懸念する声が高まり、「受刑能力の有無」をめぐって議論が続いていたが、結局、真相は分からずじまい。だが、本紙は2008年1月からの麻原の健康状態や、診察・処方内容を詳しく記した東京拘置所医務部長(法務技官医師)の陳述書を入手した。

 陳述書は18年5月10日付。東京拘置所に安置されている麻原の遺体引き渡しを求める妻らが上川法相に提出した7月7日付の要求書に添付されていた。

「食事はしているのかと質問したところ、本人(麻原)は『バカにしているのか、ばかやろう』と述べた」(08年4月)、「左頬に腫れが疑われたため、診察を実施したものの、医師が口を開けるよう指示しても、本人はもみ手をしながら、『それは無理だろう』『やっぱ』などと小声でボソボソ述べて従わず」(15年4月)、「診察室にて、精神科医師による診察を実施したところ、医師が精神科の診察であることを告げると、小声で『これはつまり戦争をしかけられているんだ』などとブツブツとつぶやいていた声が大きくなる」(17年12月)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る