• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

麻原彰晃は便秘で…拘置所医務部長が記した陳述書の中身

 全体的に見て、麻原発言は不明瞭なものが多く見受けられたものの、診察した医師は「会話は成立しないが、こちらの話していることは理解している様である」として、「受刑能力あり」と判断していたようだ。

 健康面では、麻原は腸の具合がよくなかったらしく、「便秘のため、コーラック1回2錠(20回分)を処方した」(10年1月)、「いつもは便秘がちだが、本日、軟便により内科医師が診察」(13年4月)といった記述もあった。陳述書ではまた、麻原に拘禁の影響があることを認めつつも、「現状において自傷他害のおそれは認められず、生・身体の安全に対する危険も認められていないことから強制的な治療の必要はない」と結論づけている。

 果たして麻原に受刑能力があったのかどうか。確実に言えることは、もはや確認する術はないということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「安倍3選」という「終わりの始まり」<中>

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る