• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

 そうした中、小室さんの米国出発の翌日に「納采の儀は行えない」との記事が出たわけだ。なぜなのか。

「眞子さまの気持ちをクールダウンするためでしょう」とは皇室に詳しいジャーナリストだ。

「これだけ揉めながらも小室さんへの愛情は変わりがない。一方で秋篠宮ご夫妻は眞子さまに結婚を諦めて欲しいとの気持ちを抱いている。結婚に障害があるという現実を理解していただこうとしているようです。来年は退位と即位の礼があるので、平成の問題は平成のうちに解決しておこうということでしょう」

 すべては眞子さまに幸せになって欲しいという親心。娘を持つ親なら誰もが同じ気持ちだろう。

「佳代さんのスキャンダル発覚後、宮内庁が警戒してきたのが眞子さまと小室さんが2人きりになることです。そのため、お2人がお会いになるときは誰かが同席するようになった。若いお2人に間違いが起きないようにとの配慮です」(女性誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る