銀座セカンドライフ 片桐実央社長<7>転換点となったレンタルオフィス開設

公開日:

 片桐にとって、一番の転機はもちろん起業したことだが、もうひとつの転機は、起業の2年後にレンタルオフィス事業を始めたことだという。

「自分が起業する直前の2カ月間、自治体が運営するレンタルオフィスを利用したのです。これはすごくいいサービスだなと思って、自分でもぜひやりたかったのです」

 オープンの半年以上前から交流会で告知をした。

「内装も何もできていないのに、『今ならオープンキャンペーン』と銘打って(笑い)。そういう意味では、幸いなことに最初からお客さんはある程度いる状態でした」

 2010年、「銀座アントレサロン」を開設する。

 同サロンには、事務所の住所、法人登記も可能で、受付スタッフが常駐し、郵便物の受け取りもできる「バーチャルオフィスプラン」、この機能に加えて全店舗のフリーデスクとオープンラウンジを利用できる「フリーデスクプラン」、鍵付きの空間を利用できる「個室プラン」の3種類がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る