• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フュービック 黒川将大社長<4>アスリートの新しい人生の場

 2010年2月に第1号店を開店した「Dr.ストレッチ」は、6年後には100店舗を達成。スピード出店の秘訣を黒川氏が語る。

「ストレッチってけっこう痛いんです。でも、即効性があるし、続けるほど効果は高まる。これを広めるにはどうしたらいいかと考えて、頭に浮かんだのが歯医者さんです。歯の治療も痛いけど、完治を目指して計画を立てれば通うじゃないですか。ストレッチも体の不具合をどう直していくか、トレーナーと計画を立てて通ってもらう仕組みをつくったんです」

 また、リラクセーションサロンが30店舗にとどまってしまった理由を考え、解決してから店舗展開を行った。その理由は財務、店舗の場所、教育の3つにあったという。

 まず財務においては資金繰りを円滑にするため1年以内に黒字化できるロールモデルをつくる。それをもとに坪数、人員、売り上げを設定し、条件に合う店舗物件を探した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る