フュービック 黒川将大社長<4>アスリートの新しい人生の場

公開日: 更新日:

 2010年2月に第1号店を開店した「Dr.ストレッチ」は、6年後には100店舗を達成。スピード出店の秘訣を黒川氏が語る。

「ストレッチってけっこう痛いんです。でも、即効性があるし、続けるほど効果は高まる。これを広めるにはどうしたらいいかと考えて、頭に浮かんだのが歯医者さんです。歯の治療も痛いけど、完治を目指して計画を立てれば通うじゃないですか。ストレッチも体の不具合をどう直していくか、トレーナーと計画を立てて通ってもらう仕組みをつくったんです」

 また、リラクセーションサロンが30店舗にとどまってしまった理由を考え、解決してから店舗展開を行った。その理由は財務、店舗の場所、教育の3つにあったという。

 まず財務においては資金繰りを円滑にするため1年以内に黒字化できるロールモデルをつくる。それをもとに坪数、人員、売り上げを設定し、条件に合う店舗物件を探した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  2. 2

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  3. 3

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  4. 4

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  5. 5

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  6. 6

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  7. 7

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  8. 8

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る