トランプ大統領が「検索結果を不正操作」とグーグルを批判

公開日: 更新日:

 トランプ米大統領が今度はグーグルの検索サービスをツイッターで痛烈に批判した。

 28日、「『トランプニュース』とグーグルで検索するとフェイクニュースのメディアの報道しか表示されない。つまり、グーグルは、ほとんどすべての私に関するニュースが悪いものだと不正に操作している。共和党や保守派、公平なメディアのものは排除されている。違法では?」とツイート。さらに「検索結果の96%が左翼のメディアのもので、良いニュースは隠されている」と主張したうえで、「これは非常に危険で、深刻な状況だ。対処する!」と書き込んだ。

 その後、ホワイトハウスでも「グーグルは国民を食い物にしている。グーグル、ツイッター、フェイスブックは非常に問題のある領域に踏み込んでいる」と警告した。

 27日夜、トランプ大統領寄りのFOXビジネスがグーグルを批判するコメンテーターの声を紹介しており、突然のグーグル批判は、トランプ大統領がこれを目にして影響を受けたとみられる。

 これに対してグーグルは「政治アジェンダを設定するために検索が使われることはなく、検索結果に政治的な思想の偏りはない」とトランプ大統領の批判に真っ向から反論する声明を発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る