東急グループの“牙城” 渋谷でドンキがホテル開発の勝算

公開日:

 渋谷の街が秋口から大きく変貌する。渋谷を本拠とする東急グループによる「100年に1度」といわれる大規模再開発事業が進行している。「渋谷の逆襲が始まる」と言うのは、元みずほ証券市場情報戦略部上級研究員の石澤卓志氏だ。

「4つの鉄道会社の路線が集中する渋谷駅では、それぞれの駅舎が増改築を続けているため、地上・地下とも歩行者の動線が乱れ、渋谷の客が新宿に流れていました。それが再開発事業による大型複合施設の開業を機に、渋谷に客足が戻ってきているのです」(石澤氏)

 再開発事業の目玉は、駅の真上に立つオフィス兼商業施設「渋谷スクランブルスクエア」と「アベマタワーズ」だ。スクランブルスクエアは、高さ約230メートル、地上47階・地下7階で渋谷駅周辺エリアでは高さ・広さとも最大のビルになる。

 また、アベマタワーズは、高さ約112メートル、地上21階・地下2階で、2棟ともすでにサイバーエージェントの入居が決まっている。渋谷エリアに分散していたオフィス機能が2棟に集約されることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  6. 6

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  7. 7

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  8. 8

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  9. 9

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  10. 10

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

もっと見る