年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

公開日: 更新日:

 北の最高指導者として史上初の金正恩委員長のソウル訪問が19日の南北首脳会談で合意された。会談後の共同会見で、関係者を驚かせたのは、韓国の文在寅大統領が「特別な事情がなければ年内に行われる」と訪問の期限を区切ったことだ。2000年に金大中大統領からソウル訪問を持ちかけられた父・金正日総書記は「いずれは行く」とは言ったものの、主に安全上の問題で実現しなかった。それをわずか3カ月以内でやる――。大統領の一声にソウルは大騒ぎとなっている。

 ソウルには南北融和を納得していない保守強硬派もかなりいる。中には「金正恩が来たら殺す」と息巻く過激派もいる。韓国の地元記者が言う。

「大統領官邸警護室が指揮を執り、警察、特殊部隊、陸海空軍を導入して空前の警護態勢を敷くようです。韓国側の警護規模は10万人以上になるでしょう。また、北朝鮮からも警護部隊が数千人の単位でやって来るという話もあります。“絶対安全”を保証しない限り、金正恩氏は来ません。文大統領は期限を設けた以上、急ピッチで警護態勢を準備することになります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  6. 6

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    秋ドラマ注目の若手女優5人を美少女・女優評論家が選ぶ

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

もっと見る