山本国家公安委員長 加計問題で沈黙を貫いて「論功行賞」

公開日: 更新日:

 安倍首相の出身派閥である細田派の入閣待機組から選ばれた。もっとも、大量の待機組の中でなぜ山本なのかといえば、加計学園問題で沈黙を貫いた「論功行賞」ともっぱら。地元の愛媛・今治市は、学園が獣医学部を新設した渦中の場所だ。

下村博文元文科相と加計孝太郎理事長の蜜月ぶりは有名ですが、加計学園は下村さんを通じて、山本さんと知り合ったようです。下村さんが学園から200万円の『闇献金』を受け取ったとされる疑惑について週刊文春が報じた記事には、山本さんの名前も出ていました。獣医学部新設の推進派だった今治市長と官邸との間を取り持ったのではないかとの話もある」(地元関係者)

 昨年8月に今治市で開かれた国政報告会で、加計問題を追及する地元市民から学園との関係を問いただされ、ブチギレ。「何言ってんだ!」と市民をドーカツした。加計人脈について、ダンマリを決め込んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  2. 2

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  3. 3

    東出昌大の好感度 渡部建や優樹菜の不倫報道で“V字回復”か

  4. 4

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  7. 7

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  8. 8

    年金暮らしなのに「本家」のプライドで毎月9万円の赤字が

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

もっと見る