「新潮45」は休刊に…“弱者の利権”と両断する強者の危うさ

公開日: 更新日:

 自民党杉田水脈衆院議員が「新潮45」に掲載した記事「『LGBT』支援の度が過ぎる」への批判を受け、文芸評論家の小川榮太郎氏が同誌に批判への反論記事を掲載。その余波で、「新潮45」が休刊に追い込まれたのはご存じの通り。

 休刊の“片棒を担いだ”小川氏の記事の主張は、「弱者を盾に人を黙らせるという風潮に対し、政治家も言論人も臆病になっている」というものだった。では、その主張の中身はどういうことか。

 まず、弱者が弱者であることを盾に人を黙らせることが、日常的に行われているかという点。たとえば、パワハラのシーン。最近はちょっと厳しく注意をしただけで「パワハラ」と訴えられないかと怯えている上司もいるだろう。女性社員に優しくしたことで「男性社員には厳しいのに差別ではないか」と指摘されるケースもある。これらを「弱者を盾に」と思う人もいるかもしれないが、関東学院大学経営学部の中西新太郎教授はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  5. 5

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  6. 6

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    左頬の刀傷と眼光…初めて生で見た安藤昇は想像以上の迫力

  9. 9

    嵐、小倉智昭、安藤優子…東京五輪“花道卒業”総崩れの後味

  10. 10

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

もっと見る