寺脇研
著者のコラム一覧
寺脇研京都造形芸術大学客員教授

1952年、福岡市生まれ。ラ・サール中高、東大法学部を経て、75年に文部省(当時)入省。初等中等教育局職業教育課長、大臣官房審議官、文化庁文化部長などを歴任し、2006年に退官。ゆとり教育の旗振り役を務め、“ミスター文部省”と呼ばれた。「危ない危ない『道徳教科書』」など著書多数。

わずか6週間…第2次安倍政権で急加速した「道徳の教科化」

公開日: 更新日:
安倍首相再登板1ヶ月後に「教育再生実行会議」初会合(C)共同通信社

 これまで紹介してきた「危ない道徳教科書」はなぜ出現したのか。経緯をたどってみよう。

 2006年に発足した第1次安倍政権は、首相の私的諮問機関として教育を論じる「教育再生会議」を設置した。

 07年に出された提言の中で…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る