尾木ママ怒った 都心“ブランド公立小”のいびつな教育環境

公開日: 更新日:

 ここ数年、「職住近接」志向の高まりで、都心暮らしをする人が増えている。未就学児がいる家庭の場合、保育園への送り迎えがスムーズになるため、その傾向が特に強いという。

 都心の湾岸エリアでは容積率の緩和でタワーマンションが雨後のたけのこのごとく建てられ、人口急増の受け皿となっている。

 千代田、港、中央の都心3区のうち、人口の流入が著しいのが港区と中央区だ。

「この2区が人気なのは、子育て支援に熱心なところです。特に、港区は出産の際の助成金が手厚いのが特徴です。ただ、どちらも保育園の新設に力を入れているものの、入園希望者すべての受け入れができているわけではありません」(港区の教育関係者)

 日銀の金融緩和の影響で不動産価格が軒並み高騰しているため、都心に移住できるのは富裕層が中心。こうした限られた属性によって形成される閉鎖的なコミュニティーがかえって、教育熱心な親にとっては都合がいいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る