尾木ママ怒った 都心“ブランド公立小”のいびつな教育環境

公開日:

 ここ数年、「職住近接」志向の高まりで、都心暮らしをする人が増えている。未就学児がいる家庭の場合、保育園への送り迎えがスムーズになるため、その傾向が特に強いという。

 都心の湾岸エリアでは容積率の緩和でタワーマンションが雨後のたけのこのごとく建てられ、人口急増の受け皿となっている。

 千代田、港、中央の都心3区のうち、人口の流入が著しいのが港区と中央区だ。

「この2区が人気なのは、子育て支援に熱心なところです。特に、港区は出産の際の助成金が手厚いのが特徴です。ただ、どちらも保育園の新設に力を入れているものの、入園希望者すべての受け入れができているわけではありません」(港区の教育関係者)

 日銀の金融緩和の影響で不動産価格が軒並み高騰しているため、都心に移住できるのは富裕層が中心。こうした限られた属性によって形成される閉鎖的なコミュニティーがかえって、教育熱心な親にとっては都合がいいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る