尾木ママ怒った 都心“ブランド公立小”のいびつな教育環境

公開日: 更新日:

 ここ数年、「職住近接」志向の高まりで、都心暮らしをする人が増えている。未就学児がいる家庭の場合、保育園への送り迎えがスムーズになるため、その傾向が特に強いという。

 都心の湾岸エリアでは容積率の緩和でタワーマンションが雨後のたけのこのごとく建てられ、人口急増の受け皿となっている。

 千代田、港、中央の都心3区のうち、人口の流入が著しいのが港区と中央区だ。

「この2区が人気なのは、子育て支援に熱心なところです。特に、港区は出産の際の助成金が手厚いのが特徴です。ただ、どちらも保育園の新設に力を入れているものの、入園希望者すべての受け入れができているわけではありません」(港区の教育関係者)

 日銀の金融緩和の影響で不動産価格が軒並み高騰しているため、都心に移住できるのは富裕層が中心。こうした限られた属性によって形成される閉鎖的なコミュニティーがかえって、教育熱心な親にとっては都合がいいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  10. 10

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る