• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

尾木ママ怒った 都心“ブランド公立小”のいびつな教育環境

 ここ数年、「職住近接」志向の高まりで、都心暮らしをする人が増えている。未就学児がいる家庭の場合、保育園への送り迎えがスムーズになるため、その傾向が特に強いという。

 都心の湾岸エリアでは容積率の緩和でタワーマンションが雨後のたけのこのごとく建てられ、人口急増の受け皿となっている。

 千代田、港、中央の都心3区のうち、人口の流入が著しいのが港区と中央区だ。

「この2区が人気なのは、子育て支援に熱心なところです。特に、港区は出産の際の助成金が手厚いのが特徴です。ただ、どちらも保育園の新設に力を入れているものの、入園希望者すべての受け入れができているわけではありません」(港区の教育関係者)

 日銀の金融緩和の影響で不動産価格が軒並み高騰しているため、都心に移住できるのは富裕層が中心。こうした限られた属性によって形成される閉鎖的なコミュニティーがかえって、教育熱心な親にとっては都合がいいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  5. 5

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る