尾木ママ怒った 都心“ブランド公立小”のいびつな教育環境

公開日:

 ここ数年、「職住近接」志向の高まりで、都心暮らしをする人が増えている。未就学児がいる家庭の場合、保育園への送り迎えがスムーズになるため、その傾向が特に強いという。

 都心の湾岸エリアでは容積率の緩和でタワーマンションが雨後のたけのこのごとく建てられ、人口急増の受け皿となっている。

 千代田、港、中央の都心3区のうち、人口の流入が著しいのが港区と中央区だ。

「この2区が人気なのは、子育て支援に熱心なところです。特に、港区は出産の際の助成金が手厚いのが特徴です。ただ、どちらも保育園の新設に力を入れているものの、入園希望者すべての受け入れができているわけではありません」(港区の教育関係者)

 日銀の金融緩和の影響で不動産価格が軒並み高騰しているため、都心に移住できるのは富裕層が中心。こうした限られた属性によって形成される閉鎖的なコミュニティーがかえって、教育熱心な親にとっては都合がいいという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る