LIXILグループ<下>CEO復帰した潮田氏の経営手腕に疑問符

公開日:

 LIXILグループの会長兼最高経営責任者(CEO)に創業家出身の潮田洋一郎氏が復帰するという発表があったのは10月31日。翌日の東京株式市場でLIXILグループ株は前日比14%安の1530円で引けた。その後もジリジリと値を下げ、足元は1400円台で推移している。

 主な原因は、瀬戸欣哉氏が事実上解任され、創業家出身の潮田氏が復帰。さらに社内では「潮田氏の腰巾着」と呼ばれ、経営者としての実績に乏しい山梨広一氏が最高執行責任者(COO)に就いた経緯が不透明と機関投資家が判断し、保有していたLIXILグループ株を売却したためだ。「内規上、ガバナンス不全の企業の株式を保有し続けられない」として複数のファンドが同社株を売ったという。

 一部の投資家は潮田氏の経営手腕にも疑問を持っている。「潮田さんは、『LIXILよりもTOTOの方が中国市場では強い』と報告すると、真顔で『それならばTOTOを買収すればいいじゃないか』というような人です。超がつく拡大志向を始めれば、LIXILグループの経営は相当危うい」と証券アナリストは語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る