仏“赤いスカーフ”初のデモ 黄色いベストの暴力行為に抗議

公開日: 更新日:

 フランス・パリで27日、反政権運動「黄色いベスト」の暴力行為に抗議するデモが行われ、1万人以上が参加した。

 参加者が赤いスカーフなどを身に着けてデモ行進することから「フラール・ルージュ(赤いスカーフ)」と呼ばれている。

 赤いスカーフのデモ隊は雨の中、「暴力はやめろ」などと書かれた横断幕やフランス国旗を手に、パリ市内のナシオン広場からバスチーユ記念碑まで行進した。

 中道派によるこの運動は、黄色いベストの暴力行為に恐怖を覚えたという南西部トゥールーズの技師が発案。フランスで赤は「博愛」を象徴する。参加者の多くは、黄色いベストの要求自体は反対しておらず、衝突や破壊行為に反対を表明している。実際にデモが行われたのは初めてだ。

 黄色いベストによるデモは昨年11月以来、11週間にわたって毎週土曜日に実施され、警察との激しい衝突が起きている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  5. 5

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  6. 6

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  7. 7

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  8. 8

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  9. 9

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  10. 10

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

もっと見る