安井裕司
著者のコラム一覧
安井裕司日本経済大学教授

1970年、栃木県生まれ。法大社会学部卒、バーミンガム大学国際政治学部博士課程修了、国際政治学博士。2013年から現職。14年以降、神戸ユネスコ協会理事としてカンボジア、ネパール、モンゴルなどで留学生とともにボランティア活動に従事し、フィールドワークを実施。日本経済大学教授。

【フィリピン】“出稼ぎ大国”の堪能な英語力を生かすべき

公開日: 更新日:

 施行まで残り2カ月を切った改正入管法。新たな在留資格「特定技能1号、2号」を設け、単純労働者として外国人の受け入れに大きくカジを切ることになる。当面の対象となるアジア9カ国のうち、今回はフィリピンを取り上げる。

 フィリピンは約1000万人が海外で働き、その送金が国内総生産(GDP)の約1割を占めるという名高い出稼ぎ派遣大国だ。今後、単純労働を目的として日本に来る人々は果たして現地にどのくらいいるのだろうか。

 セブ島で外国人に英語を教える30代の男性教師に聞くと、日本に行きたい気持ちはあるとしながらも、「日本は物価も高いし、日本語も難しい」と語った。

 フィリピンの外国語教育は、英語が中心。人々は多かれ少なかれ、英語を話せる。受け入れ対象9カ国のうち、最も英語が堪能といえよう。一方、日本語を学ぶ人は多くはない。そのためか、今回の日本の労働者受け入れ拡大のニュースも現地では大きく報道されていないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る