米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

公開日: 更新日:

 ティッシュがない――。首都圏など一部の店舗でティッシュが品薄になり、数量制限をする店が続出している。4月の王子製紙春日井工場の火災が直接の原因とされるが、実は、古紙不足も背景にある。米中貿易戦争は、半導体や5Gなどハイテクだけでなく、ティッシュや段ボールの原料である古紙をめぐっても繰り広げられているのだ。

 制裁関税合戦が続いている米中貿易戦争。昨年8月、中国は米国への報復措置として、米国から輸入する古紙の関税を25%に引き上げた。

「中国にとって米国は古紙の最大の輸入国です。25%の関税が発動されて以降、中国は古紙の調達先を日本にシフトしました。その結果、日本国内で古紙が足りなくなり、逼迫しました」(日本製紙連合会総務・広報部の担当者)

 実際、中国向けの古紙の輸出価格は高騰。関東製紙原料直納商工組合の昨年10月積みの輸出価格は1キロ=27・5円と同1月積み比43%も高く、17年7月の過去最高値(27・7円)に迫った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  7. 7

    バイきんぐ西村瑞樹さんが告白「サイテーな恋愛」の数々

  8. 8

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  9. 9

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  10. 10

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

もっと見る