畠山理仁
著者のコラム一覧
畠山理仁フリーランスライター

1973年、愛知県生まれ。早大一文在学中の93年から雑誌を中心に取材・執筆活動を開始。関心テーマは政治家と選挙。2017年に著書「黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い」(集英社)で第15回開高健ノンフィクション賞を受賞。

7人立候補で…政見放送はNHK「クロ現プラス」より長くなる

公開日: 更新日:

 NHKから国民を守る党(N国)は、今夏の参院選で定数6の東京選挙区に7人の候補者を立てる予定だ。そんな従来の常識ではあり得ない選挙戦略には、ポスター掲示場の枠を7連続で確保して「N」「H」「K」「を」「ぶっ」「壊」「す」と並べること以外にも、ちゃんとした理由がある。

 N国の本当の目的は、参院選比例区での当選だ。このことは立花孝志代表(51)自身もこう語っている。

「われわれが強いのは大選挙区です。参院選の全国比例は大選挙区で、今回、定数が48から50に増えました。つまり、得票率1.8%でも1議席獲得できる可能性が高い。私たちは選挙区では当選を目指していませんが、10人以上の公認候補者を立てないと全国比例には出られません。だから選挙区でも立てるんです」

 つまり、選挙区での7人は「名簿届け出政党」の要件を満たすための数合わせに過ぎない。7枠連続のポスター戦略も、あくまで2次的なものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  6. 6

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  7. 7

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  10. 10

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る