近藤学
著者のコラム一覧
近藤学早大理工総研招聘研究員

1961年生まれ。さくら総研主任研究員、衆議院議員政策秘書、民進党選挙対策部長などを歴任。

多様化の時代 無所属候補には過度な制約を課さないこと

公開日: 更新日:

 無所属候補の選挙運動に対する縛りを緩める必要もある。例えば衆院選では、ビラの上限枚数を引き上げ、政見放送を可能にするなど、政党の公認候補とできるだけ条件を同じにすべきだ。

 現在の仕組みは政党選挙に偏りすぎだと思う。今は多様化の時代である。地域や世代が異なれば、取り巻く環境やニーズは大きく違う。政党が掲げる理念や政策と完全に主張が一致する政治家など、まずいない。

 したがって、無所属候補に過度な制約を課さないような規則が望ましい。ただ、党籍や所属会派については選挙時に公開し、有権者の判断材料として提供する必要があるだろう。

 真にカネのかからない選挙にすることも重要だ。かなり問題のある政治家でも、莫大なカネをかけて選挙運動すれば勝つ可能性が高まる。資金力で当選が決まってしまう選挙制度でいいはずがない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  7. 7

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

  10. 10

    大停電は人災「無電柱化」頓挫の元凶は電力ムラの利権体質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る