G7が巨大IT犯罪摘発に連携へ 8月サミット宣言で方針表明

公開日: 更新日:

 日米欧の先進7カ国(G7)が、GAFAなど巨大IT企業の違法行為の摘発などで連携する方針を固め、8月にフランスで開かれる首脳会議(サミット)での首脳宣言に声明として盛り込まれることが分かった。けさ(6日)の読売新聞が報じた。

 声明案は、グーグルやアップル、フェイスブック、アマゾンのGAFAなど巨大IT企業のサービスが消費者に大きな利益をもたらしていることを認めた上で、一部の企業にデータが集中することで新規参入が阻まれ、市場の寡占につながるとの懸念を表明。複雑なビジネスモデルを持つ巨大IT企業の違反行為や市場支配の実態を調べるには、各国の独占禁止当局が足並みをそろえて対応する必要があるとしている。

 声明案の取りまとめには、日本からは公正取引委員会が参加。7月にフランスで開かれるG7財務相・中央銀行総裁会議で公表される予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る