仏大統領「パリ協定言及なければG20首脳宣言署名しない」

公開日: 更新日:

 パリ協定への言及がなければ、首脳宣言に署名しない――。マクロン仏大統領は26日、東京都内のフランス大使館でスピーチ。大阪G20サミット首脳宣言について、地球温暖化対策の国際ルールを定めた「パリ協定」に触れない場合は宣言に賛成せず、署名も行わない可能性を表明した。同日の安倍首相との会談後の記者会見でも、同様の意向を示した。

 マクロン大統領は「もし各国首脳が環境問題について野心的に前進できないなら、集まる意味もないことになる」とし、パリ協定からの離脱を宣言した米トランプ政権やホスト役の安倍首相を牽制した格好だ。

 また、仏大統領府当局者は、昨年の首脳宣言に盛り込まれた「署名国はパリ協定が不可逆的であることを再確認し、完全な実施を約束する」との内容より後退することは受け入れられないと説明した。

 しかし、今回の首脳宣言の原案に地球温暖化の問題や脱炭素化に関する文言は含まれておらず、英紙フィナンシャル・タイムズは「宣言案でパリ協定が軽視されている」と指摘した上で、日米貿易交渉を控えた安倍政権が「米国の圧力に屈した」としている。

 前門のトランプに後門のマクロン大統領。初のG20サミット議長国として“外交のアベ”をアピールしようともくろんでいる安倍首相は、トランプとの板挟みに真っ青だろう。世界中に赤っ恥をさらす結果になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

    3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

  3. 3
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  4. 4
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  5. 5
    馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説

    馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説

もっと見る

  1. 6
    深津絵里にバトンタッチも好調だが…「カムカムエヴリバディ」視聴率10%台の“宿命”

    深津絵里にバトンタッチも好調だが…「カムカムエヴリバディ」視聴率10%台の“宿命”

  2. 7
    吉村知事はデルタ株の教訓生かさず…大阪府がコロナ新規感染全国ワーストになった理由

    吉村知事はデルタ株の教訓生かさず…大阪府がコロナ新規感染全国ワーストになった理由

  3. 8
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 9
    黒木華「ゴシップ」で編集長好演も…マスコミがムロツヨシとの結婚スクープ狙い虎視眈々

    黒木華「ゴシップ」で編集長好演も…マスコミがムロツヨシとの結婚スクープ狙い虎視眈々

  5. 10
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」