どうする日本 韓国内は与野党一致「反安倍」で固まったぞ

公開日: 更新日:

 韓国の聨合ニュースが22日、「安倍“戦争可能改憲”打撃」と参院選開票速報を流し、改憲勢力が3分の2の議席を割った安堵感が大統領府に伝わった。同日、文在寅大統領は「(安倍首相の)技術覇権に打ち勝つカギは技術革新」と強調し、「家電、電子、半導体、造船などで日本を追い越した。輸出規制をチャンスに変え、素材・部品の国産化を推進」と力をこめた。消息筋は「安倍とのガチンコ勝負は経済が決め手になるとみて、“克日”で総力を結集する戦略だ」と明かす。

 日本では聞き慣れない“克日”だが、反安倍感情(イコール反日ではない)とともに韓国社会に急拡散し、文大統領の支持率を押し上げている。激しく対立する野党・自由韓国党の黄教安代表すら「“克日”に同意」と声を合わせ、国会外交統一委で与野党全会一致で「輸出規制撤回要求決議案」が可決され、事実上の対日挙国体制が確立した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る