実は従軍慰安婦問題でも雪解けの動きが始まっている

公開日: 更新日:

 1000万人の人々が往来する日韓新時代にあって、やはり最大のトゲは従軍慰安婦問題であろう。ソウルの日本大使館前の慰安婦像に眉をひそめない日本人はいない。それに乗じ、「いつまで謝らなければならないのか」と開き直り、「慰安婦は売春婦だった」と言いたい放題なのが反韓・嫌韓派であるが、それがまた韓国の元慰安婦支援団体を怒らせ、慰安婦像を世界中に作らせている。

 しかし、この悪循環に終止符を打つ動きが出始めている。鳩山由紀夫元首相がソウルの延世大学での講演(6月12日)で、「相手が『もういい』と言うまでは、真の謝罪が行われたとみなすことはできない」と語ったことが端緒となった。

 会場から万雷の拍手が湧き上がり、韓国人の琴線に触れた。鳩山氏は一躍、村上春樹に並ぶ著名な日本人となったのである。

 翌日、文喜相国会議長が鳩山氏と昼食をともにした。この文議長、今年2月に「日王(天皇)が元慰安婦の手を握り、すまなかったと一言謝れば済む話だ。戦犯の息子ではないか」と発言したとして、安倍政権から謝罪、撤回を求められているが、「真意が伝わっていない」と日本側の要求を無視してきた。その文氏が「誤解した人々がいたとすれば申し訳なかった」と、2月の発言について鳩山氏に謝ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  7. 7

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る