実は従軍慰安婦問題でも雪解けの動きが始まっている

公開日: 更新日:

 1000万人の人々が往来する日韓新時代にあって、やはり最大のトゲは従軍慰安婦問題であろう。ソウルの日本大使館前の慰安婦像に眉をひそめない日本人はいない。それに乗じ、「いつまで謝らなければならないのか」と開き直り、「慰安婦は売春婦だった」と言いたい放題なのが反韓・嫌韓派であるが、それがまた韓国の元慰安婦支援団体を怒らせ、慰安婦像を世界中に作らせている。

 しかし、この悪循環に終止符を打つ動きが出始めている。鳩山由紀夫元首相がソウルの延世大学での講演(6月12日)で、「相手が『もういい』と言うまでは、真の謝罪が行われたとみなすことはできない」と語ったことが端緒となった。

 会場から万雷の拍手が湧き上がり、韓国人の琴線に触れた。鳩山氏は一躍、村上春樹に並ぶ著名な日本人となったのである。

 翌日、文喜相国会議長が鳩山氏と昼食をともにした。この文議長、今年2月に「日王(天皇)が元慰安婦の手を握り、すまなかったと一言謝れば済む話だ。戦犯の息子ではないか」と発言したとして、安倍政権から謝罪、撤回を求められているが、「真意が伝わっていない」と日本側の要求を無視してきた。その文氏が「誤解した人々がいたとすれば申し訳なかった」と、2月の発言について鳩山氏に謝ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  2. 2

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  3. 3

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<3>人間関係が苦痛に

  4. 4

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  5. 5

    安倍首相に忖度?石破氏パーティーに党三役ゼロの異常事態

  6. 6

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  7. 7

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  10. 10

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る