実は従軍慰安婦問題でも雪解けの動きが始まっている

公開日: 更新日:

 1000万人の人々が往来する日韓新時代にあって、やはり最大のトゲは従軍慰安婦問題であろう。ソウルの日本大使館前の慰安婦像に眉をひそめない日本人はいない。それに乗じ、「いつまで謝らなければならないのか」と開き直り、「慰安婦は売春婦だった」と言いたい放題なのが反韓・嫌韓派であるが、それがまた韓国の元慰安婦支援団体を怒らせ、慰安婦像を世界中に作らせている。

 しかし、この悪循環に終止符を打つ動きが出始めている。鳩山由紀夫元首相がソウルの延世大学での講演(6月12日)で、「相手が『もういい』と言うまでは、真の謝罪が行われたとみなすことはできない」と語ったことが端緒となった。

 会場から万雷の拍手が湧き上がり、韓国人の琴線に触れた。鳩山氏は一躍、村上春樹に並ぶ著名な日本人となったのである。

 翌日、文喜相国会議長が鳩山氏と昼食をともにした。この文議長、今年2月に「日王(天皇)が元慰安婦の手を握り、すまなかったと一言謝れば済む話だ。戦犯の息子ではないか」と発言したとして、安倍政権から謝罪、撤回を求められているが、「真意が伝わっていない」と日本側の要求を無視してきた。その文氏が「誤解した人々がいたとすれば申し訳なかった」と、2月の発言について鳩山氏に謝ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  5. 5

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る