適菜収
著者のコラム一覧
適菜収作家

1975年生まれ。作家。近著に「国賊論 安倍晋三と仲間たち」、「ニーチェの「アンチクリスト」を現代語訳した「キリスト教は邪教です!」、「ゲーテの警告 日本を滅ぼす『B層』の正体 」など著書40冊以上。購読者参加型メルマガ「適菜収のメールマガジン」も始動。詳細は適菜収のメールマガジンへ。

橋下徹“親の子殺し”容認「異常・危険分子」は一体どちらか

公開日: 更新日:

 厚生労働省の発表(8月1日)によると、親の虐待により死亡した子供は平成29年度で65人(心中の13人含む)に上るという。千葉県野田市の小学4年生が、両親から虐待を受けて死亡した事件は社会に大きな衝撃を与えたが、背景には歪んだ形の「ものわかりのよさ」があるのではないか?

 事件の実態が明るみに出る前に「親も追い詰められていただろうし、殺された子供にも非があるはずだ」と妄想を膨らませてしまう。

 6月には引きこもりの長男を殺害した元農林水産事務次官の父親もいた。長男は普段から家族に暴言を吐いており、自宅に隣接する小学校の運動会について「うるさい」と言い、不機嫌になっていたという。父親は、川崎市で小学生ら20人が殺傷された事件を思い出し、「子供に危害を加えてはいけないから殺した」と供述した。

 これに飛びついたのが大阪維新の会法律顧問の橋下徹だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る