小林節
著者のコラム一覧
小林節慶応大名誉教授

1949年生まれ。都立新宿高を経て慶大法学部卒。法学博士、弁護士。米ハーバード大法科大学院のロ客員研究員などを経て慶大教授。現在は名誉教授。「朝まで生テレビ!」などに出演。憲法、英米法の論客として知られる。14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。新著は竹田恒泰氏との共著「憲法の真髄」(ベスト新著)

マツコvsN国立花 脅迫か?ストーカーか?論争か?の先に

公開日: 更新日:

 東京MXテレビの番組中のコメントで、マツコ・デラックス氏が、NHKから国民を守る党(N国)について、「冷やかしじゃない? ふざけて入れている人も相当数いるんじゃないか。気持ち悪い」などと語った。

 それに対して、N国党首・立花孝志氏が、マツコ氏が出演中のスタジオ前に押し掛けて、「番組内で反論の機会を与えよ。(名誉を毀損されたので)謝罪を求める。それが果たされるまでこの突撃をやめない」旨の街宣をした。

 これは、形式的には表現の自由の衝突であるが、脅迫か? 強要未遂か? ストーカーか? と論争を招いている。

 まず、マツコ氏がN国を「冷やかし? ふざけている? 気持ち悪い」と評したことであるが、N国に関するこれまでの報道などに接してそのような印象を持ったとしても、それは特に異常ではないと、私は思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る