疑惑まみれの文大統領側近「聴聞会」開催困難の見通し

公開日: 更新日:

 韓国の文在寅大統領が新法相に起用すると発表した側近の曺国(チョグク)前大統領府民情首席秘書官。2日から国会で聴聞会が予定されていたが、与野党の対立から開催が難しい情勢になっている。

 曺氏をめぐっては、家族ぐるみの不透明な投資や資産隠し、娘を名門・高麗大学に不正入学させた疑惑などが立て続けに発覚。まるで玉ねぎの皮を剥くように、次々とスキャンダルが浮上することから「玉ねぎ男」のニックネームがつけられた。

 聴聞会をめぐって野党は曺氏の家族も証人として出席させるべきだと主張。一方、与党はその必要はないとして対立が激化し、開催が困難な見通しとなった。

 文大統領は聴聞会が開催できなくても、法律に従って今月12日までに曺氏を法相に任命する方針で、反発がさらに強まるのは必至だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

  10. 10

    客5人で…清志郎さんに「RCでは商売にならない」と告げた

もっと見る