中西文行
著者のコラム一覧
中西文行「ロータス投資研究所」代表

法政大学卒業後、岡三証券入社。システム開発部などを経て、岡三経済研究所チャーチスト、企業アナリスト業務に従事。岡三インターナショナル出向。東京大学先端技術研究所社会人聴講生、インド政府ITプロジェクト委員。SMBCフレンド証券投資情報部長を経て13年に独立。現在は「ロータス投資研究所」代表。

日韓関係悪化で9月相場閑散 「市場の夏休み」は終わらない

公開日: 更新日:

 8月のお盆が明けても、閑散相場が続いている。

 株価指数は日銀のインデックスETFの買い付けがなければ、大きく下落していただろう。「夏は閑散」と割り切れればいいが、野村証券が大規模な支店閉鎖を決断したように、バブル期の1987年から89年に投資した個人投資家も、いまでは80歳すぎの後期高齢者となり、市場構造に地殻変動が起きているともみえる。いまの投資家はインターネット証券を利用して、ゲーム感覚で株式売買する若い世代に移行しつつある。

■新大久保のコリアンタウンは活況

 ただ、足元の市場閑散の理由には日韓関係の悪化もあろう。そこで、韓国からの観光客が激減と報じられる中、週末に東京・新大久保のコリアンタウンに行ってみた。

 閑散かと思っていたら、駅のホームから改札口まで乗降客は長蛇の列、コリアンタウンへの歩道も若い女性であふれて、前に歩けないほどだった。K―POPスターのブロマイドなどさまざまな韓流グッズがお目当てのようで、多くの韓国料理店も店外に女性が行列していた。日韓関係悪化の影響はまったく見られず驚いた。文化の力は偉大だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  7. 7

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る