保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇 」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。

昭和10年ごろから学校教育に軍事が介入するようになった

公開日: 更新日:
中学校生徒の軍事教練(昭和15年)/(C)共同通信社

 日本占領という現実を前にして、アメリカはこの国をどのような国家にしていこうかと考えたが、実はすでに1943年ごろからアメリカ国務省、あるいは軍事責任者たちはこの問題の研究を始めていた。そのことは各種の資料によって十分にうかがい知ることができる。

 …

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る