三流政治に三流経営者 ワルに蝕まれる日本企業に世界冷笑

公開日: 更新日:

 コンプライアンスもガバナンスもあったもんじゃない。

 関西電力をめぐる「原発マネー」の還流問題は底なしだ。高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役から、少なくとも幹部20人が総額3・2億円もの金品を受け取っていた。今回、調査対象になったのは2011年からの7年間だけだから、実態はもっと膨らむ可能性があるが、関電側は「不適切だが違法性はない」と開き直り、金品を受け取った経営陣が居座りを決め込み、散々、醜態をさらした揚げ句、辞任表明に追い込まれた。

 だいたい「脅されて恐ろしくて金品を受け取った」なんて、落語の「饅頭こわい」じゃあるまいし、そんな言い訳が通用すると思っていたのだからオメデタイ。億単位の金品を受け取っておきながら、「返せば問題ない」の厚顔を見ていると、この国は本当に法治国家なのかと口をアングリである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る