小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

日銀が来春導入する「ETF貸し出し」は自作自演の茶番劇だ

公開日: 更新日:

「これは体のいい“たこ足売却”ではないのか。日銀の自作自演の茶番劇のようなものですね」

 市場関係者がこう指摘するのは日銀が来春から導入を準備している「ETF(上場投資信託)貸出制度」だ。

 日銀は異次元緩和策の一環として毎年6兆円ものETFを市場から買い上げている。その額は今年3月末で28兆9000億円に達し、市場全体の8割弱を日銀が保有している格好だ。「いわば池の中でクジラが泳いでいるようなもので、ほぼ身動きが取れない状態にある」(先の市場関係者)という。

 このままではETFの追加購入が近い将来、難しくなると見込んで日銀が繰り出そうとしているのが「ETF貸し出し」という裏技なわけだ。

 仕組みは簡単で、日銀は保有するETFを証券会社などの値付け業者(ブローカー)に貸し付ける。値付け業者は日銀に品借り料を支払う。同時に、値付け業者は常時、市場に売り買い双方の注文を出しており、投資家が買いたいとなれば日銀から借りていたETFを買い取り、投資家に売却するという算段だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る