保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇 」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。

ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

公開日: 更新日:
岩倉らがビクトリア英女王(写真)に謁見するまで4カ月近くかかった(C)World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

 岩倉使節団の本隊はイギリスに4カ月近く滞在した。滞在期間が延びたのはイギリスに見聞する価値のある施設やシステムが多数存在したからでもあったが、一番の理由はビクトリア女王が夏の休暇を取っていて日程の折り合いがつかなかったからだ。その間、岩倉具視たちはイギリスのあらゆる建物、産業の…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

もっと見る