安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

公開日: 更新日:

「県連幹事長ら幹部に加えて、今年は一般の県議まで首相から招待状が届いた」「これは党総裁選を意識した地方の『党員票』対策の一環なんだな」

 同年4月21日付の朝日新聞は、20日に米国から政府専用機で帰国した安倍首相が、慌てて党地方議員が集まる研修会に直行した様子を描写。翌日の桜を見る会に招待された東海地方の県議による「明らかな総裁選対策。よほど安倍さんは厳しい情勢なのか」とのコメントを掲載した。

 “支持固め”のための桜を見る会の名簿を内閣府が「即廃棄」できるようにした背景には、安倍首相への忖度のニオイがプンプンする。

「昨年4月といえば、直前に公文書改ざん問題で佐川宣寿元国税庁長官の証人喚問があり、マスコミや野党の追及が激しかった時期です。桜を見る会の私物化という新たな追及材料を与えないようにするため、名簿の保存期間を『1年未満』にしたと疑われても仕方ありません。首相の地元・山口を取材したところ、『反アベ』の政界関係者には招待状が届かなかったことが分かりました。総裁選で支持してくれそうな関係者を見極め、招待状を送ったのでしょう」(ジャーナリスト・横田一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  3. 3

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  4. 4

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  5. 5

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  6. 6

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  7. 7

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  8. 8

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  9. 9

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  10. 10

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る