共通テストめぐり続々 ベネッセ「採点業者失格」の決定打

公開日: 更新日:

「桜」の陰に隠れているが、大学入学共通テストをめぐって、怪しい話が相次いでいる。

 2017年5月と9月、ベネッセコーポレーションは首都圏の高校の教師向けの研究会で、教材や進研模試をPR。その中で、共通テスト検証事業の「採点助言事業」を受託したことを、資料をわざわざ配布して猛アピールしていたのだ。

 共通テスト本番の国・数記述式の「採点業務」は、ベネッセの100%子会社「学力評価研究機構」が、来年度から23年度まで約61億円で請け負うことになった(今年9月30日付)。大学入試センターとの契約書の6条には〈本業務を受託する事実を利用して取引を誘引すること〉を禁止する規定がある。

■契約違反スレスレ

 研究会でのPRは6条違反ではないのか――。ベネッセHD広報部は「取引を誘引するなどの意図は一切なかった」「当時の契約は誘引禁止の規定はなかった」と文書で回答。所管の文科省は「いかがなものかと思うが、研究会は契約締結の2年前のことで、違反にはならない」(大学振興課)と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る