共通テストめぐり続々 ベネッセ「採点業者失格」の決定打

公開日: 更新日:

「桜」の陰に隠れているが、大学入学共通テストをめぐって、怪しい話が相次いでいる。

 2017年5月と9月、ベネッセコーポレーションは首都圏の高校の教師向けの研究会で、教材や進研模試をPR。その中で、共通テスト検証事業の「採点助言事業」を受託したことを、資料をわざわざ配布して猛アピールしていたのだ。

 共通テスト本番の国・数記述式の「採点業務」は、ベネッセの100%子会社「学力評価研究機構」が、来年度から23年度まで約61億円で請け負うことになった(今年9月30日付)。大学入試センターとの契約書の6条には〈本業務を受託する事実を利用して取引を誘引すること〉を禁止する規定がある。

■契約違反スレスレ

 研究会でのPRは6条違反ではないのか――。ベネッセHD広報部は「取引を誘引するなどの意図は一切なかった」「当時の契約は誘引禁止の規定はなかった」と文書で回答。所管の文科省は「いかがなものかと思うが、研究会は契約締結の2年前のことで、違反にはならない」(大学振興課)と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る