桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

公開日: 更新日:

桜を見る会」を巡る安倍首相の公金私物化が炎上した臨時国会が9日閉幕したが、疑惑は山積したままだ。どんな基準で反社を含む客は招待されたのか。安倍後援会が会の前日に主催した「前夜祭」の収支の実態は。そして、行政指導された「ジャパンライフ」元会長がなぜ招かれたのか――。挙げればキリがないが、問題の一つはジャパンライフに政府が“手心”を加えたこと。結果的に、さらなる悪徳マルチの跋扈を許した可能性があるのだ。

  ◇  ◇  ◇

 2013年ごろからジャパンライフの悪質性を把握していた消費者庁は、14年5月に立ち入り検査の方針を固めていたが、2カ月後の7月、担当課長の交代で突如検査を中止。新任課長への説明文書には〈政治的背景による余波を懸念〉などと“政治案件”を示す記載があった。見逃してはいけないのは、消費者庁がジャパンライフに手心を加えた結果、立ち入り検査が15年9月にまで先送りされたことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る