オリパラ式典演出担当が辞任 電通内のパワハラ懲戒を受け

公開日: 更新日:

 国立競技場のデザイン変更、エンブレムの盗作騒動、ブラックボランティア、そして……。呪われた五輪にまたミソがついた。

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、開閉会式の演出を担当する式典総合プランニングチームの中心メンバーで、クリエーティブ・ディレクターの菅野薫氏が辞任したことを明らかにした。菅野氏が所属する電通社内でパワーハラスメントの懲戒処分を受けたため、昨夜、本人が組織委に辞任の意向を伝えた。

 組織委は今後の式典準備について「影響が出ないように進めていく以外にない」としている。組織委の式典総合プランニングチームは、狂言師の野村萬斎を総合統括とし、菅野氏を含め8人で構成されていた。菅野氏はデジタルを駆使した表現を得意とし、広告やデザインなどでの受賞歴も多数。16年のリオデジャネイロ五輪では、安倍首相が扮した「スーパーマリオ」の演出にも関わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る