撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

公開日: 更新日:

 イランの首都テヘランで発生したウクライナ国際航空機の撃墜事件。乗員、乗客176人全員が死亡した。

 イラン政府は当初、「技術的な事故」と主張していたが、事件発生後3日目の1月11日、イラン軍が「人為的なミスで意図せず攻撃した」と釈明。ロウハニ大統領も「許されない過ち。遺族に心から哀悼の意を捧げる」と声明を発表した。

 犠牲者に海外留学中のイランの若者が多く含まれていたこともあり、イラン国内では政府の対応を批判し、最高指導者ハメネイ師の責任を問う動きまで出始めた。“イランの政権交代”を意図するトランプ大統領は大喜びし、ツイッターで「イランの若者よ、自由のために立ち上がれ」と声援を送っている。

 それにしても、「民間の旅客機を敵の巡航ミサイルと勘違いした」という説明には腑に落ちない点が多々ある。テヘランからウクライナの首都キエフに飛び立ったばかりの旅客機を、敵の巡航ミサイルと誤認するのは通常「あり得ない話」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  5. 5

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る