河井案里事務所が2種類の領収書を発行 陣営関係者が証言

公開日: 更新日:

 広島地検が捜査している河井案里参院議員の公選法違反をめぐる問題で、新たな事実が判明した。

 昨年7月の参院選で案里陣営がウグイス嬢に法定上限を超える報酬の支払いにあたり、選挙事務所宛ての領収書のほか、選挙管理委員会に提出されていない後援会事務所宛ての領収書を発行していたという。

 NHKが20日、報じた。

 選挙運動に関する支出の領収書は公選法で選管への提出が義務づけられている。案里氏の選挙事務所では数人の担当者が手分けして選挙事務所宛ての領収書のほかに、選管に未届けの後援会事務所宛ての領収書を用意していたという。

 陣営関係者はNHKの取材に対し、「領収書は本来支払いを受けた側が発行するものなので、支払う側が用意するのは不自然だった。選挙後にウグイス嬢の1人から『規定の2倍の1日3万円の報酬を受け取っていた』と聞いた」と証言した。河井夫妻包囲網はどんどん狭まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る