河井案里事務所が2種類の領収書を発行 陣営関係者が証言

公開日: 更新日:

 広島地検が捜査している河井案里参院議員の公選法違反をめぐる問題で、新たな事実が判明した。

 昨年7月の参院選で案里陣営がウグイス嬢に法定上限を超える報酬の支払いにあたり、選挙事務所宛ての領収書のほか、選挙管理委員会に提出されていない後援会事務所宛ての領収書を発行していたという。

 NHKが20日、報じた。

 選挙運動に関する支出の領収書は公選法で選管への提出が義務づけられている。案里氏の選挙事務所では数人の担当者が手分けして選挙事務所宛ての領収書のほかに、選管に未届けの後援会事務所宛ての領収書を用意していたという。

 陣営関係者はNHKの取材に対し、「領収書は本来支払いを受けた側が発行するものなので、支払う側が用意するのは不自然だった。選挙後にウグイス嬢の1人から『規定の2倍の1日3万円の報酬を受け取っていた』と聞いた」と証言した。河井夫妻包囲網はどんどん狭まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る