政権交代へ…イランの反政府デモはCIAが仕掛けた破壊工作

公開日: 更新日:

 今月8日にウクライナ国際航空機が撃墜されたことで、イラン国内で反政府デモが吹き荒れている。イランは昨年11月にもガソリンの高騰に抗議するデモが起き、1500人が死亡した。

 ハメネイ師という最高指導者を仰ぐ国で反政府デモが起きた背景には米国のCIAの暗躍があると考えていい。CIAの業務は各国に潜入し、プロパガンダをはじめとする破壊活動を繰り広げること。CIAの手先と化したイラン人が群衆に紛れ込んでデモを扇動しているのは間違いない。

 CIAはイギリスやイスラエルの諜報機関と連携し、イランの国内政治に深く介入してきた。アメリカのメディアはその事実を暴露している。ABCテレビは2007年4月に「CIAはパキスタンのテロ組織を使い、イラン国内で数々の破壊工作を行ってきた」と報じた。パキスタンから侵入したテロ組織がイラン革命防衛隊の隊員を誘拐、殺害し、その映像をネット上で拡散した。パキスタンに潜伏していたウサマ・ビンラディンを殺害したときも、アメリカがパキスタンのテロ組織に資金と訓練を提供したことが確認されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  7. 7

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  10. 10

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

もっと見る