中韓から“入国拒否” 支持率狙いと「やっている感」の姑息

公開日: 更新日:

 また、安倍首相が唐突に打ち上げた。5日、中国と韓国からの入国者全員を指定の場所に2週間待機させる方針を表明した。運用は9日から月末まで。現地に滞在する日本人も対象になる。入国者を全員2週間も隔離するのは、異例の措置だ。事実上の「入国拒否」である。

「寝耳に水」だった韓国は、さすがにカンカンになっている。韓国大統領府の政策室長は5日夜「過激な措置だ。失望している」と表明、在韓日本大使に厳重に抗議するという。

 中国の感染者は8万人、韓国の感染者も5700人と世界1、2位だ。しかし、日本もすでに感染者が1000人を突破し、毎日、新たに感染者が出ている。いずれ中国と韓国から“報復”されるだけでなく、世界中から入国を拒否される恐れがある。

 安倍首相は「諸外国で感染が拡大する中、いまが正念場だ。水際作戦でも積極、果断な措置を講じる」と説明している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  4. 4

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  10. 10

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

もっと見る