保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。本連載「日本史 縦横無尽」が新書版「陰謀の日本近現代史」(朝日新聞出版)として好評発売中。

ある参謀の日記には「これで開戦、めでたし、めでたし」

公開日: 更新日:
ハルノートの内容を知らせる野村吉三郎駐米大使から外務省への公電。右は冒頭部分、左は要求項目で、(3)として中国とフランス領インドシナからの撤収が書かれている(外交史料館蔵)

 ハルは国務長官室から陸海軍の指導者に電話をかけて、「さあ、これからは君らの出番になるよ」と伝えている。その後、ハルとルーズベルトの机にはマジックで解読された電文が届いた。野村と来栖は東京の本省(外務省)に報告の電報を打っている。それが解読されて2人の机に届いたのだ。彼らは次のよ…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  5. 5

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  6. 6

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  7. 7

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  8. 8

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  9. 9

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  10. 10

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

もっと見る