保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇 」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。

海相・財部彪の命を狙い割腹自殺した海軍参謀・草刈英治

公開日: 更新日:
ロンドン海軍軍縮条約に反対し割腹自殺した海軍軍令部参謀の草刈英治少佐の遺族が帰京したときの様子=1930(昭和5)年5月20日、東京駅(日本電報通信社撮影)

 ロンドン軍縮条約の締結は、海軍の軍令部の責任者たちの反対を軸に、民間右翼、政友会、それに枢密院の一部の顧問官たちの間に反政府感情を高めることになった。そのことについてはこれまで記してきた通りなのだが、こうした運動の中には直接行動を辞さないといった行動右翼も入っていた。それだけで…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  8. 8

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る