米大統領選の開票始まる…緊迫と厳戒態勢でこれから何が?

公開日: 更新日:

 コロナ禍で異例ずくめの選挙戦となった米大統領選は、3日の投票日もいつもとは違う緊迫した空気に包まれた。首都ワシントンのホワイトハウスはフェンスで囲まれ、ニューヨークのトランプタワーは反トランプ左派の襲撃に備え警備を強化。ノースカロライナ州では武装男(36)が投票所に侵入し、逮捕された。トランプの帽子をかぶり、銃を見せるように携行していた。

「米国第一主義」の共和党・トランプ大統領(74)がさらなる4年の任期を勝ち取るのか。民主党・バイデン前副大統領(77)が事前の世論調査通り逃げ切るのか。開票作業は3日夜(日本時間4日午前)、順次始まった。中西部インディアナ州はトランプが順当に勝利した。

 既に郵便投票を含めた期日前投票は1億人を超え、米メディアは最終的な投票率が過去100年で最も高くなるという見通しを伝えている。

 選挙は、州ごとに割り振られた選挙人の過半数(270人以上)を獲得すれば勝利。政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」の直前情勢によると、バイデンは216人、トランプは125人の獲得にめどをつけ、「互角」の197人を争っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る