高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

辻褄あわせ 高齢者接種も“やってるフリ”のワクチン後進国

公開日: 更新日:

 日経株式欄の人気コラム「大機小機」が9日付で「いつの間に日本は『後進国』に転落したのか」と書いている。デジタル、環境、ジェンダー、人権、財政など、日本が世界平均以下に成り下がっている分野は枚挙にいとまがないが、その中でも筆頭は「ワクチン後進国」で、米英独中露のような開発国にはなれず、インドのような生産拠点でもない。ワクチン接種率は世界100番目である。「企業も政府も目先の利益を追う安易なイノベーションに傾斜し、人間の尊厳を守る本源的なインベンションをおろそかにしたからではないか」と同コラムは指摘する。

 ようやく高齢者への接種が12日から始まり、東京都では八王子市と世田谷区が真っ先となるが、4月分は各1900回分でアッという間に予約は終了した。

 千葉県では千葉市が12日からだが、個別接種300回分、集団接種1カ所の計1500回分だけで、焼け石に水の状態。他に県下で開始日程が決まっているところも数市あるが、それも千葉市と同様、後のことはともかく、とりあえず届いた分だけで始めてみましたという状態にとどまっている。県下には私の居住する鴨川市を含め54市町村があるが、ほとんどのところは「調整中」とか「5月下旬以降」と表示していて、それは「ワクチンの到着次第」、つまり「未定」という意味だと、11日付朝日の房総版は喝破している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る