日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

公開日: 更新日:

 日本人の6割が感染――。米カリフォルニア州由来の新型コロナ変異株の解析結果が発表されてニュースになっている。

 カリフォルニアでは感染力が強いといわれる変異株が発見されている。今回、東大や熊本大など研究チームが解析したのは表面の突起に「L452R」という変異を持つコロナウイルスで、3月中旬の時点でカリフォルニアの感染者の56%を占めていた。日本ではすでに3月、沖縄県で1例見つかっている。

 東大などのチームが着目したのは「HLA(ヒト白血球抗原)」だった。これは白血球の血液型と呼ばれるもので、細胞実験の結果、その一種である白血球「HLA-A24」がL452R変異に対して免疫力が弱いことが分かったというのだ。実はこのHLA-A24は日本人の6割が持つ。そのことから、「日本人の6割が免疫効果が低くなる可能性がある」というのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    資産家は極力お金を使わない 身に付けている節約習慣とは

  2. 2

    櫻井翔×広瀬すず「ネメシス」大苦戦 なぜつまらないのか

  3. 3

    視聴率は絶好調「ドラゴン桜」が映さない東大卒の“現実”

  4. 4

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  5. 5

    菅首相はどれほどの国民が命落とせば五輪中止を考えるのか

  6. 6

    福井「子ども感染増」示す衝撃データ なのに政治は無関心

  7. 7

    皇族の人権と制約 天皇制を支える公人としての特権と義務

  8. 8

    ワクチン国内開発の遅れをワクチン訴訟のせいにするな

  9. 9

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  10. 10

    鷲見玲奈に熱愛報道 “スキャンダルで焼け太り”の魔性体質

もっと見る